変遷

エステが身近なものになってもうずいぶんたちます。エステといえば、お金持ちの奥様たちの世界のもの、なんてことなど、もう大昔の話ってことになる時代です。エステが、年齢を問わずに多くの人のものになってきたのは、エステ料金がお安くなってきたことにあるかもしれんません。それに、エステは、大手のエステティックサロンから、個人が自宅でもって開業しているものまで、幅ひろく、いろんなエステサロンが存在するようになったのです。限られた人材しか、学べなかったというエステシャン養成の時代も昔のこと。いまや、エステを学ぶのも、いろんなかたちであります。それに、エステシャンの経験がなくとも、働きながら、学んでいけるようにもなっています。サービス精神に溢れ、癒しを提供する職業として、確固たる位置を確立してきたともいえるものでしょう。もともと、エステといえば、化粧品会社のお顔の手入れといったような、フェイスの限られたところからスタートしたものでもあるでしょう。それに、女性の永遠の課題である、ダイエットのために、全身の痩身美容が行われるようになってきました。もちろん、そこには、脱毛というエステも忘れてはなりません。気軽にそうした、エステを受けながらの美しさの追求は、とどまることは無いのでしょう。それに、 美しさに対する価値観は、時代の流れとともに多様化し、質を高めるための要求も益々出てきている現在といえるのではないでしょうか。
posted by エステ本のレビュー・評価・感想 | Comment(0) | TrackBack(0) | エステ